無料
エロ
動画

願望〜続き〜

「ん?」

彼の手の動きが止まった。
ホッとしている私に対して彼は、にやつきながら、

「あっ!携帯落としちゃった。拾って」
「あっ、うん

私はしゃがみ、携帯を拾い上がろうとした時
彼が小声で・・・

「舐めて」
「えっ?!」

しゃがみこんでる私は彼の顔を見上げた
その不意に開いた口に 彼のモノが・・・

「ぅ、ぐぅ・・・」

「ほら、しっかり口に含んで。」

彼の熱く硬く晴れ上がったペ○スが私の口の中に入り込んだ。

「ぅんぐ・・・」
「じゅる、じゅるる・・・」
「ぅぐぐ・・・ぅんぐ・・」

私の口の奥までペ○スが・・・

そんな状況のなか、私は・・・

(彼のオ○ン○で、私のお口が犯されてる)
そう思えば思うほど感じている自分がいた。
涙目になっている私に彼は・・・

「こっちにおいで」

と、腕を引き上げ、私の唇に優しく彼の唇が触れた。

目的の駅に着き、彼の手は私の手をしっかりと握りしめ
駅に降りた。
彼は今まで何も無かったの様に、私にいつもの様に笑顔を見せていた。

彼とのデートも終わり、帰宅した私は・・・
電車であった事が頭から離れずいた。

「ぁ〜〜あん。あんな事されて・・・」

私はいつのも様に、目を閉じ
電車であった事の続きを妄想し、熱くネットリと
いやらしく滴る蜜に紛れる指を絡ませた。

「今度は、最後まで彼にオネダリしよっと♪」

と、痴漢ゴッコにはまりそうな櫻華でした^^v


♪ジャンジャン♪



上手く締めくくりができず・・・

まだまだ甘い櫻華。

もっともっと、ネットリ&いやらしく書けるよう

修行します。

次は、どんな妄想話しを書こうかなぁ♪

【2007/11/18 05:19】 アダルト・日記 | TRACKBACK(4) | COMMENT(34)
top>>

皆様!!

ご迷惑、お掛けしてしおります。

ココ最近忙しく、妄想すらも阻止されていた、櫻華です(つд∩) ウエーン

やっと、少し落ち着いたので、更新しました。

こないだの、妄想話しの続きを、必死で頭の中で、

描いておりますので、もう少々お待ちくださいませ。


ちなみに、みなさんは、どんな妄想などしておりますか??

櫻華と、一緒に妄想話しを作りませんか??

例えば・・・

願望など、ありましたらコメント欄にカキコして頂ければ、

それに櫻華が加わって、書かせて頂きます。

宜しければ、コメントして下さいませ^^v


心より、お待ちしておりますぅ。

【2007/11/13 00:43】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

櫻華の願望

今日もバリバリ妄想爆走している櫻華です^^v

皆さんは、どんな妄想してるのかぁσ(’’*)

今日は櫻華の願望を妄想してみまいたw

それでは、早速・・・

櫻華の妄想の世界へ・・・




今日は彼とデート♪
とびっきりに、おしゃれして、お化粧して、お気に入りの
エンジェル・ハートの香水つけて…♪

今日は何処に連れて行ってくれるんだろぅ♪

彼との待ち合わせ場所に到着!
「とりあえず○×まで行こうか?」
「うん♪」
と電車に乗って移動する

最初はそんなに混んでいなかったのに、
だんだんと人が増えてきて、私と彼は徐々に車両の端のほうまで追いやられて、
いつの間にか満員電車状態

今日は休日のせいもあるのかなぁ…
人にもまれながら到着までの我慢…
でも大好きな彼とは密着状態!でドキドキ♪
さりげなく腕で壁を作って私が窮屈にならないようにしてくれてたりして・・・、
そんな状態がしばらく続いていたとき・・・、

えっ?!
何かお尻に違和感が・・・
・・・!?っまた!?
やっぱり誰かにお尻触られてる・・・!?
・・・痴漢だ・・・どうしよぅ・・・
彼は・・・車内の広告見てるしぃ・・・!
早く気付いてよぉ・・・!

くぃくぃ(服を引っ張る)・・・
「・・・んっ?どうした?」

もぉ!大事な彼女が痴漢にあってるのにぃ・・・!!
何ニヤニヤしてるのよぉ!
・・・っあれ?
さっきまで顔の横辺りにあった彼の手は・・・?
・・・って!!

誰がお尻を触ってるのか私が分かったことに気付いた彼は
ニヤニヤしながら、私のお尻を両手で押し上げるように揉んできた

「やっ!?(ヒソヒソ)あかんって!人がおるんやからぁ」

そういっても、私の抗議を無視して彼はお尻を揉み続けてくる・・・

「(ヒソヒソ)ダメ・・・やって・・・!」

私の必死の抗議が通じたのか、片方の手がお尻から離れたのを感じた
ほっ・・・と少し安心した私・・・を意地悪な笑みを浮かべたまま、
私を見つめている彼に気付いた瞬間、

「んきゃぁ!」

彼はお尻から離した手で、私の胸を触ってきた!
突然の出来事に驚いて思わず出てしまった声に、
周りの何人かの人達がちらっと目線をこちらに向けてまた戻していったのが見えた

「(ヒソヒソ)やめてってっ・・・!見られてるよぉ・・・!」
逃げようにも逃げれない私・・・
恥ずかしさのあまり赤面して、慌てている私の様子を見て
彼はさらに意地悪な笑みを浮かべてその痴漢行為をエスカレートしてきた・・・

胸を触っていた手は、素早く服の下に潜り込ませてブラを押し上げて、
指の間に私の乳首を挟むようにしてさっきよりも強くもみだし、
お尻を揉んでいた手はスカートの中に入ってパンティーの上から、
敏感なクリ○リスを刺激してきた・・・

「やっ・・・あん・・・やめ、んん・・・」
周りに気付かれないように、声が出ないよう耐えるのに必死で、
抵抗しようにも力が入らない・・・

周りの人たちに見られているかもしれないと思うと、
恥ずかしくて確認することもできなかった

「・・・っ!!」

クリトリスを刺激していた彼の手が下着の隙間から中にはいってきた

「(ヒソヒソ)だ、だめ・・・!」
「(ヒソヒソ)あれ?感じてるの?」
「(ヒソヒソ)か、感じてないぃぃ!」
「(ヒソヒソ)じゃぁ、これは何?」

濡れている彼の指を見せられ・・・
私は、恥ずかしさのあまり、顔を真っ赤にしてその指から目を逸らした。



皆さん、いかがでしたか?

続きは次の更新までの、お楽しみ♪

さて、櫻華はこの先、彼にどんなことされちゅのでしょぉぉ♪

妄想してただけで・・・(ノ´∀`*)エヘ

皆さん、コメント沢山くださいねw

待ってまぁすw

【2007/11/07 17:57】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
top>>

今宵、櫻華ブログ第3号公開♪

やっと出来ました!!【櫻華の妄想症候群】

これから、毎日とは出来ませんが、

皆様を櫻華の妄想の世界にご招待ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ



《注意》櫻華の妄想の世界にはまりすぎると、櫻華菌に感染し、

貴方の脳内が犯されていく恐れがありますのでご注意下さい(ノ´∀`*)ペチ







簡単な櫻華PRをさせて頂きますねん♪

住んでる所  妄想世界

年齢  熟されてきた年頃

性格 普段は荒っぽいが、二人の世界では180℃豹変する。

趣味 読書 妄想 アダルトグッツ観賞

身長 168?
体重 聞かないでやってください。

B  98?
W  76?
H  89?

正直、おデブちゃんですぅ ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


常日頃から妄想世界で、あ〜んなこと こ〜〜んなこと(´∀`*)ウフフ

考えております。

普段はSな櫻華ですが・・・

正直 Mちゃんのねぇ(ノ´∀`*)エヘ

だから、妄想では犯されたり犯してもらったり・・・・(同じことじゃぁんw) 

あぁぁ〜〜んエッチィ事が、頭の中でグルグルしてりゅぅぅ♪…(*ノ∀ノ)イヤン


そんな変態交じりの変子ちゃんですが

皆さん長い目で見てやってくださいませませ(*_ _)ペコリ


今日は、こんな感じでw

許してあげるわぁぁぁぁ 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

てか、許して下さいませ。ご主人様♪

【2007/11/06 22:30】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(11)
top>>
close